お知らせNEWS

2019.10.11安全対策

定期安全パトロール

ホームページをご覧になっていただきありがとうございます。

我社では毎月一度、各協力会社の職人が施工していただいた現場をパトロールしております。

内容は事細かく社内基準があり、その基準を通りできているのか?規定をクリアしていても不具合は無いか?

しっかりとお客様の立場になりパトロールしております。

危険じゃないことは最低限の事ですが、お客様が作業しやすい足場を施工する事も足場屋として腕の見せ所なので

今後とも社員並びに協力会社一同努力していきますのでよろしくお願いいたします。

 

2019.09.27施工事例

広島市中区大手町

ホームページをご覧になっていただきありがとうございます。

施工現場のご紹介です。

 

広島市中区大手町のITビル

今回の施工内容は2面組(正面・左)を施工しました。

こちらの現場は人道りが大変多いため正面に2カ所のアサガオを設置し

落下防止の方をさせていただきました。高所の作業なので小さな物でも落下させると

危険ですので施工中も安全に気を引き締めて作業させていただきました。

2019.09.17福利厚生

試合結果・・・

ホームページをご覧になってくださり誠にありがとうございます。

 

9月15日に行われた我社社員の三宅君のボクシングの試合結果報告ですが・・・

今回、メインイベントで沢山の声援をいただきながらリングイン・・・

社員一同で大声援をおくりました!!!

相手選手は東京にあります、ワタナベジム 宇津見選手 {戦績は15勝(9KO)9敗2分 の元日本ランカー}

一生懸命戦いましたが

結果は健闘虚しく判定負けに終わりました。

彼自身今回は地元広島で、またメインだからこそ勝ちたかったと試合後語っておりました。

 

試合後、社員一同で撮った写真です。

 

この場をお借りして・・・

応援していただいた皆様本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。 三宅 寛典

2019.09.12お知らせ

双栄の社員が試合します!!

ホームページをご覧になって頂きありがとうございます。

今週の日曜日に我が社で働いている、三宅君が広島の宇品にあるmitteザ・ステージにてボクシングの

試合をします。

今回メインイベントに抜擢され社員並びに協力会社のみんなで応援に行きます。

日頃、職場や現場では見れない彼をしっかり見て、みんなで大声をでして声援を送ろうと思います。

三宅君の様に双栄では働きながら夢うを追う人材を応援しております。

今後この様な社員が一人でも多く増え、日頃見ることのないスポーツ、音楽、美術などを応援できたらと思っております。

 

2019.09.03新入社員研修

外国人研修生の社内研修の様子

ホームページをご覧になっていただきありがとうございます。

 

今月から双栄では外国人研修がベトナムから3名来られました。

社内研修をヤード内で行っている様子の写真です。

3人共日本に来てすぐですが明るくしっかり挨拶をし、元気よく社内研修を行いました。

部材の名前や、作業手順の基礎など社員から指導を受け、1つでも多くの事を学ぼうとしていました。

ベトナムから日本に単身で来て、1から知らない国で、国の家族のために働くという気持ちに少しでも

バックアップできるように社員一同支えていけたらと思います。

1日でも早く日本での生活に慣れ、双栄での仕事にも慣れてもらえたらと思います。

宜しくお願い致します。

2019.08.28施工事例

廿日市市 宮島花火大会

ホームページをご覧になっていただきありがとうございます。

 

今年も廿日市市宮島にて花火大会が行われました。

当日は雨がパラパラと降ったり、やんだりと天候が心配でしたが無事に花火大会が行われ

沢山の方々が花火に魅了されておりました。

我社では足場と発泡スチロールを使って長椅子の施工をさせていただきました。

施工した場所からは綺麗に花火が見え毎年大変喜ばれております。

来年は東京オリンピックの関係で花火大会は行われないそうですが、

再来年もまた、沢山の方が喜ばれるお仕事をしたいと思っております。

 

2019.08.09安全対策

熱中症対策知識

今年も、ものすごく暑い日が続き熱中症の危険が更に高まっております。

今回はそんな熱中症についての対策のポイントをご紹介します。

 

サイレント・キラーとも言われる「暑さ」は雷、地震、洪水で亡くなる人を合わせた数より多いもので、

猛暑は人の命を奪っています。

 

まず、熱中症とは・・・

人は発汗によって体内の熱を発散させ、汗が肌の上で蒸発し、体が冷えます。しかし、強烈な暑さでは、

汗をかきすぎて蒸発する時間がない、もしくは湿度が高すぎて水分が蒸発しにくくなります。

すると、汗をかけばかくほど体が冷えるシステムが過剰運転となり、脱水症状になります。

この時点で、体は発汗によって失った水分を必死で補給しようとするので、とても喉が渇き始めます。

また、電解質の値が低くなり始めると、筋痙攣、極度の体力消耗、失神のような症状が起こります。

更に、体内の熱が発散されていない場合は、熱中症になる危険が起こります。

この段階では熱中症とは言いません・・・

更に、全く汗をかかなくなると、熱が脳に過剰な負担をかけ、めまい、衰弱、もうろう状態、吐き気、意識不明

などといった症状が出ます。こういった症状が出ると熱中症と診断されます。

 

このような熱中症を起こさないように対策をご紹介します。

 

1・体を締め付けない、軽量で、明るい色の綿素材の服をきる

猛暑の時に着る服は安全性はもちろん大事ですが、快適さも考慮する必要があります。

服との間に少しでも空気が流れる隙間を作って汗を蒸発させる事が大事です。また綿素材は体の余分な

水分を吸収し汗を蒸発するのを助けるので、体を冷やす事ができます。

 

2・衣類、タオルを濡らす

綿素材は水分を吸収し保つのに良い資材なので衣類を濡らし体を冷やす事ができます。

そして綿素材のタオルを首に巻くのはとても効果的で、体を長時間冷やしてくれます。

 

3・水を飲み、電解質を補給する

水は飲める時にこまめに飲みましょう。飲みすぎでは?と思うほど大量に飲むべきです。

またできれば塩分も摂取して電解質を補いましょう。

カフェイン、炭酸飲料などは飲まないようにしてください。このような水分は保水プロセスが遅いので

脱水症状になる可能性があります。

 

最後に・・・

無理をしないでください!!!当然だと思うかもしれませんが現場作業をしていると無意識に無理をしている時

があると思います。工期や現場での流れなど休憩が思うように取れない事も多々あるんではないでしょうか?

どうか無理だけはしないで下さい。熱中症で命を落とす危険性があると言う事を頭の片隅に置いていて下さい。

皆様がどうか無事故で作業が終わりますように、また熱中症にならない事を祈っております。

 

 

2019.07.29福利厚生

2019 納涼会  

 

 

 

今年の梅雨も今月の25日に明け、

本格的な夏の暑さが始まった様な気がします。

そんな中、今年も日頃一緒に現場で汗を流していらっしゃる協力会社の

方々に声をかけさせていただき『納涼祭』を開催させていただきました。

 

暑気払いと納涼祭の違いを皆様は知られいますか?

そもそも『納涼』とは必ずしも暑さからの解放を約束するものではなく、体を冷やす物を飲み食いしたり

工夫を凝らして人工的に涼しさを創り出したり、鳥肌が立つような演出をして暑さを忘れる事を示します。

納涼祭は、体を冷やす物を飲み食いする事によって、涼しさを味わい、暑さを忘れるようにする

宴会を意味するものです。

また、

暑気払いは飲食をすることにによって夏の暑さを打ち破っていくという目的に対して、納涼祭は

飲食をする事によって夏の暑さを忘れようとする目的があります。

微妙に目的が違う2つですが、結局夏の飲み会として2つとも大変似ており使われています。

 

今回この納涼祭に総勢24人が集まっていただき全員で

この夏も無事に怪我や事故がない事を願いながら楽しく納涼祭を行いました。

 

 

 

 

 

 

2019.07.06施工事例

7月施工状況

東広島市八本松にて施工させていただいております物件です。

施工途中段階で、引き続き安全第一に作業し無事故で施工してまいります。

外部での作業ですので、この暑さには更に気を付けます。

皆様も熱中症にはお気を付けください。

2019.06.28お知らせ

熱中症対策

ホームページご覧いただきありがとうございます。

 

梅雨入りし蒸し暑いく雨のため作業しにくい季節がきました。

この梅雨が明けると今年の夏も厳しい暑さになりそうです。

 

現場仕事の私共は、こまめな水分補給をし熱中症対策をしております。

また、熱中症用の救急道具も準備しております。

そして、現場仕事でたくさんの汗をかき塩分が失われるので

塩飴の方も準備し現場の方に行かせていただいております。

怪我無く、事故無くこの夏作業していきます。